化粧品に使われる危険な成分

コスメやシャンプーに使われるパラベンの危険性

paraben

パラベンが使われている化粧品

パラベンはあらゆる気用品やシャンプー、せっけんなどに使われています。

パラベンは防腐剤として使われています。

パラベンは石油から作られる添加物です。

メチルパラベン、エチルパラベン、ベンジルパラベンなどがあります。

パラベンの何が悪いの?

パラベンは発がん性が指摘されています。

皮膚から吸収すると体内に蓄積されると考えられています。
乳がんの一因だとする研究報告があります。

パラベンはホルモンバランスを乱すことが実験で分かっています。

防腐剤として使われるということは、殺菌作用があるということです。
肌のバリア機能である常在菌を殺菌してしまえば、肌荒れ、炎症、アトピーの悪化などの心配があります。

パラベンは紫外線を浴びることで活性酸素を発生させるという主張もあります。
活性酸素が発生すれば肌を酸化させ、老化につながってしまいます。

パラベンについて賛否両論あるみたいだけれど…

パラベンは安心して大丈夫だという主張も多いです。

その主張の主な内容は「少量だから大丈夫」だというものです。

化粧品などに使うパラベンは1パーセントまでと決まっています。

もし安全なのだとしたら、なぜ使用する量が制限されているのでしょうか?

パラベンフリーの商品が逆に危険だとする主張もあります。
防腐剤(パラベン)を使うことでカビなどの毒性をおさえられるので安心して使えると言います。

そもそも、お肌に直接つける化粧品がカビも生えずに長期間保存できるほうが気持ちわるいと思いませんか?

結局自分で判断するしかない

「少量だから大丈夫」
「逆にパラベンが入っているほうが安心」
素直にそう思える人はそれでいいでしょう。

大事なのは自分が何を信じるかです。

私は石油から作られた殺菌剤を肌につけることに抵抗があるのでパラベン入りのものは使いません。

実際にパラベンが実は安全なものだったとしても、それはそれでかまいません。
実はパラベン不使用のほうが危険だったと言われても、化学薬品の信頼性よりも自然なものの安心感を選びます。

パラベンは便利なので色々な化粧品に使われています。
今後も、害を指摘する人、メリットを主張する人、両方の意見が出てくることでしょう。

選ぶのはいつも、私たち自身です。

-化粧品に使われる危険な成分